システム化が進む印刷会社

print

データ入稿の仕方に注意

チラシ印刷サービスはシステム化が進んできています。印刷会社では情報システムを導入してウェブ上で全ての発注手続きを行えるシステムを組むことにより、利用者の利便性を確保しつつコスト削減を目指している傾向があるのです。このようなチラシ印刷サービスを利用するときには通常は会員として登録することでアカウントを発行してもらい、ウェブ上のシステムにアクセスして発注手続きを行います。チラシ印刷の場合には印刷して欲しい原稿データに加えて印刷枚数、色数、用紙の種類、納期、納品方法や決済方法を確定し、その他の印刷に関するオプションサービスについて指定することになるでしょう。そして、システム上で自動作成されたPDFを確認して納得できる内容になっていれば発注を確定するという流れになります。基本的にはデータ入稿になるのがウェブを利用するチラシ印刷ですが、データ形式については細かな指定があることが多いので注意しなければなりません。どのようなファイルについても扱っているわけではなく、ソフトウェアの種類やバージョンについて定められているのが一般的です。特にOSの違いによって大きな違いが出てしまうことが多いためですが、PDFを作成した時点で問題がない場合には本来は対応していないものであっても支障はありません。また、データ入稿はシステム上にアップロードするという形を取ることが多いものの、大きさによってはメールで別途送信という形を取る場合もある点には留意しておきましょう。

Copyright© 2017 チラシ印刷の手続きを確認【宣伝効果に期待ができる】 All Rights Reserved.